移動手段と言えば…タクシー、バス、電車、自動車…

高いイメージがある乗り物

駅前が一番止まっているのが多いタクシーです。バスのように決まった時間に出発が無く、常に顧客を待っている状態が多いでしょう。バスや移動手段が無くて、多少出費してもいいという考えでタクシーを捕まえる形が多いです。タクシーも法人営業など会社と契約して送り迎えして経営を成り立つようにしたりとルート造りには長けています。バス、電車のように到着、出発時間の予告はなく、いつも待っているのがタクシーですが、情報も土地勘がない人に教えるための時間探しはあります。

顧客を待ち続けるのがタクシー会社

得意先というのは何処の会社にも存在しますが、タクシー会社にももちろん得意先は存在します。駅前に沢山止まっていますが、あくまでも迎えに行くタクシーは少ないのが現状です。待ちの状態ですから、暇を持て余しているだけでなく、地図を覚える必要がありますよ。全く違う土地から来られた方に何も知らないでは商売としては寂しい限りです。運転手としては、少しでも知識を披露したいと時間が許す限りは知識を得るために動いた方が仕事に生かせると感じるでしょう。

どんな人が来るか分からないのが…

タクシー会社は儲け易い時期と全くない時期では雲泥の差があります。駅前で待っている事が多いので、ドライバーは一体どんな顧客を乗せるのか不安になる事があります。タクシーはお金が高いというイメージがあるでしょう。バスや電車のような公共機関と違って、顧客と話すなど直接接する時間があるのが強みです。お金のイメージのまま行くと、利用客少ないというイメージが先行しがちですよね。それでも、酔っぱらいの客などに出くわさないか不安ですよ。

役員運転手は運転の技術と応対の技術を研修によって身に付けているので、非常に快適に利用することが可能です。