ネットで守ろうプライバシー!事例と対策について紹介!

ネットは個人情報が沢山存在する!

ネットは、スマホやパソコンがあれば簡単に利用することができるようになり、最近では中学生でも持っているほどです。ネットは、個人情報で溢れており、通販サイトを利用するときにでも個人情報を入力しなければなりません。匿名性が重視されているネットでは、安易に個人情報法ほ明かすというのはやめましょう。というのも、一度漏洩してしまうと二度と消えない情報になってしまい、知らない場所でプライバシーを侵害されてしまうことがあるからです。

プライバシーが侵害される事例

ネットを利用してプライバシーが侵害されてしまう事例としては、やはり誹謗中傷が挙げられます。最初は、普通に絡んでいた友達でも態度が急変して急に誹謗中傷されてしまうことがあります。その時に、もし相手に個人情報を教えてしまっていたら、簡単に漏洩されてしまうのです。また、実際に学校の友達とネットでも絡んでいる時に同じようなことがあれば、学校名もそうですし電話番号や住所までネットにさらされてしまう恐れもありますよ。

プライバシー対策をするには!

ネットでは簡単に個人情報が漏洩されてしまうということがわかりましたが、果たしてどうやって対策を行えば良いのでしょうか。まずは、自分から個人情報を明かすということは絶対にしないということです。そして、明かすことがあったとしても、最低限にとどめるようにしましょう。また、実際に学校で絡んでいる友達がいたとしたら、ネットとは完全に切り離して個人でネットを利用するようにしましょう。変に干渉されてしまい、個人情報が漏洩されては困りますからね。

機密文書を廃棄する場合、流出を防ぐためにシュレッダーなどによる処理を行うことが重要ですが、大量に廃棄する場合には専門業者へ依頼するという方法もあります。