太陽光発電と家庭用蓄電池を合わせて使えば天下無敵

太陽光発電とはどんなシステムか?

太陽光発電とは太陽の光をエネルギーとするもので、いわゆるソーラーシステムとかソーラーパワーと呼ばれている地球上の資源を開拓することない非常にエコロジカルなものです。このシステムがどの家庭にも普及させることが出来れば、現在とは比べものにならないくらい省エネ化を進めることが可能となるでしょう。資源不足が問題となっている今、従来の電力発電や天然ガスに代わる新しいエネルギーが必要です。ソーラーパネルから太陽光を電力に変換することで家庭の電力のほどんどを賄うことが出来ます。

太陽光発電の凄いところ

自宅の電気を自宅で作れるということ自体凄いことですが、必要以上に電力を作り出すことが出来た場合、なんと電力会社にその電気を売ることが出来るのです。自宅小さい農園を持っている方が取れた農作物を売るように、太陽光発電のシステムを設置した家庭では必要以上の電力は使いません。より多く発電することが出来れば儲けになるということです。電気を売ることが出来るなんて10年前には考えもしなかったことでしょう。今や電気を売ることが出来る時代になったのです。

家庭用蓄電池というものもある

電池というものは非常に便利なものです。小型の電気製品では電池を電源として動くものも多々あります。使い捨ての電池もありますが、充電器につなぐことで何万回も繰り返し充電出来る電池も販売されています。こうした充電出来る電池は非常にエコロジーでその代表とも言えるニッケル水素電池は家庭用として多くの人が利用している電池でしょう。太陽光発電のもっと凄いところは電気を売ることもそうですが、専用の蓄電池を設置すれば電気を貯めることが出来るのです。

太陽光発電の価格は毎年改定が行われ、年々設備の廉価化にしたがって下がって来ていますが、最初にかかる費用も大きく下がって来ているので、トータルではプラスとなりやすいです。